肥大化するコンテンツ市場で生き残るための対処法

2014年10月30日 12:24 am
コンテンツ市場は今後さらに肥大していきますが、消費者の数や消費時間が劇的に増えるわけはありません。人へ届くコンテンツを作るコストが上がる中、できることが4つあります。

キーワードから導き出す人間像と設計のヒント

2014年10月22日 9:57 am
検索キーワードをコンテンツのネタとして考えるだけでなく、キーワードを人間像を描くヒントとして捉えることで、サイト運営やデザインの方向性が導きやすくなるでしょう。

正しくKeynoteでプロトタイプを作るコツ

2014年10月20日 10:07 am
幾つかの機能制限はありますが、使いどころを理解することで効果的なプロトタイプを Keynote で作ることができます。手描きでは伝わり難い演出や見た目を Keynote を使えば iOS アプリに近いかたちで再現できます。

「分からない」から始まるデザインプロセス

2014年10月15日 9:53 am
分からないことは負のイメージが多少付きまといますが、分からないことを利用してデザインを洗練させることができます。ふさわしい手法で「分からない」の答えを模索するには、専門知識が不可欠になります。

Adaptive Path 買収から思う銀行のこと、デザインのこと

2014年10月13日 10:44 am
大企業がなかなか変わらないのも、サービスを「ひとつの案件」として捉えているからかもしれません。だからこそ、Adaptive Path のように組織の一部としてデザインを働きかけるのもアプローチです。

About

東京在住の「デザインする人」長谷川恭久の個人サイトです。

2008年2月より、新しい CMS を利用して再スタートしました。以前の記事はこちらのエントリーリストを。そして、たくさんの方に読まれた人気記事が読みたい方ははてなブックマークの注目エントリーを参考にしてください。