絵文字のアクセシビリティについて少し調べてみた

絵文字がコミュニケーションにおいて重要な位置付けになりつつあります。百聞は一見に如かずですが、アクセシビリティはどうなのでしょう。視覚に頼りきったコミュニケーションでは、届かない領域はたくさんあります。

Recent Stories
コンテンツ

Mediumでコンテンツ配信して気づいたこと

Mediumの利用を通じて改めて感じたのが、自サイトでコンテンツを作って待つだけではどうしようもないという点。誘導だけではなく、プラットフォーム上にコンテンツを掲載しなければ見てもらえないという状態になりつつあります。

コンテンツデザインから始めるWebアクセシビリティ

宣伝文句や注意書きが入り混じった情報より、目的を達成するための近道が分かる簡潔な文章のほうが誰にとってもやさしいはず。Webアクセシビリティを取り組むためのひとつの切り口として、コンテンツをデザインするという方法があります。

コンテンツをデザインするということ

コンテンツデザインとは、どのようなコンテンツを掲載するのかといった計画だけでなく、制作、管理といったところも含めてデザインすることを指します。

Popular Stories
デザイン

Peach🍑から学ぶデザインに関わる4つの傾向

使いやすさというデザイナーとしての向き合わなければならない課題はありますが、漠然とした楽しさも同じくらい重要だということを Peach は教えてくれます。

性別選択UIにあるデザインの課題

多くの方にとって当たり前すぎて深く考えないことにも、課題は隠されています。人によっては「男性」「女性」という分類に当てはまらない方もいますし、それを特定の人にしか公表したくないという場合もあります。

デザインSDKの可能性を探る

SDK の基本的な考え方はデザインにも適応できるのではないでしょうか。特にインハウスでデザインを維持・管理していく際には欠かせないツールになると思います。

Podcast

Automagic Podcast は、隔週火曜日に更新中。Web やアプリの設計・開発に携わる様々な方と対談をしています。

#158 株式会社インパス 山下一樹さん

Photo of Yasuhisa

長谷川恭久はコンテンツと利用者体験のデザインをしています

Webサイトやアプリの設計や運用のサポートに携わるデザイナー / コンサルタント。日本各地でデザインに関する様々なトピックを扱った講演やワークショップを行っている。
著書に『Experience Points』『Web Designer 2.0』など。

メール