道具の選び方、関わり方を考えるためのヒント

2014年7月31日 1:06 pm
手法や技術そのもので使えるかどうかを判断することはできません。プロトタイプが必要なのは作る対象ではなく、ワークフローのほうかもしれません。

シングルカラムから始める情報設計

2014年7月23日 9:02 am
シングルカラムは「とりあえず」を許さないので、厳格な情報設計が余儀なくされます。情報のコンテナを横に並べることは複雑化への第一歩になり、多デバイス対応も難しくなります。

クリエイティブとデータの間にあるもの

2014年7月16日 8:45 pm
クリエイティブもデータもどちらもなくてはならない存在です。重要なのはバランスをどこに置くかではなく、いずれかの方向へ振り切ってしまうことを防ぐことです。自分の都合に合った解釈になってしまい、全体を見失う可能性があるからです。

Material Designから学ぶデザインと技術の共通項

2014年7月2日 1:59 pm
Google が発表した新しいデザインガイドライン「Material Design」は、感覚をコードに落とし込むほど詳細にデザインがされています。ガイドラインというよりルールブックに近い存在ですが、デザインを共有するには必要なアプローチのひとつです。

ペルソナ設計に人間像は重要ではない理由

2014年6月24日 10:22 pm
ペルソナの設計において、統計学的な属性を付けることが重要ではなく、なぜ人はプロダクトやサービスと触れ合うのかという部分の共有を優先させなければいけません。

About

東京在住の「デザインする人」長谷川恭久の個人サイトです。

2008年2月より、新しい CMS を利用して再スタートしました。以前の記事はこちらのエントリーリストを。そして、たくさんの方に読まれた人気記事が読みたい方ははてなブックマークの注目エントリーを参考にしてください。