ビジュアルでもできるデザイン批評

デザイン批評は簡単なことではありませんが、ビジュアルという感性に強く響く部分はさらに難しいことがあります。デザインを分解していくことで、デザインの課題発見がしやすくなるだけでなく、批評を聞いている周りの人もデザインについて知る機会になります。

Recent Stories
マーケティング

デザイナーが見たオウンドメディアの課題と接点

読者のことを徹底的に考えて、彼らが消化しやすい形状にコンテンツを磨けあげていく。この考え方はオウンドメディアもデザインも大きな違いはありません。しかし、人と人、メディアと人のコミュニケーションをどのように設計したら良いかという課題はより複雑化してきています。

Mediumでコンテンツ配信して気づいたこと

Mediumの利用を通じて改めて感じたのが、自サイトでコンテンツを作って待つだけではどうしようもないという点。誘導だけではなく、プラットフォーム上にコンテンツを掲載しなければ見てもらえないという状態になりつつあります。

肥大化するコンテンツ市場で生き残るための対処法

コンテンツ市場は今後さらに肥大していきますが、消費者の数や消費時間が劇的に増えるわけはありません。人へ届くコンテンツを作るコストが上がる中、できることが4つあります。

Popular Stories
仕事

手段を切り離したら楽になったデザイナーの仕事のお話

どのような環境にいても、与えられた仕事の領域から少し抜け出して対話を始めることが必要とされています。作業の範囲を広げるために勉強するのではなく、誰かと話ができるようになるために覚えるものを選ぶことで、本来あるべきデザイナーの姿に少し近づくと思います。

作るだけではないデザイナーの生きる道

デザインの会話とは、デザインを誰かに理解してもらう行為であり、それにはお金を支払う価値があることを説明する行為でもあります。作れるだけではもうデザイナーとは呼べませんし、それだけであれば機械によって入れ替わるかもしれません。

抽象性と具体性の間で動けるデザイナーになろう

デザインは既に出ている答えに対して作るだけではありません。作れるというスキルをより活かすためにも、「なぜ」を問うところから始めることが重要ですし、その問いかけがデザインの仕事の本質ではないかと思うことがあります。

Podcast

Automagic Podcast は、隔週火曜日に更新中。Web やアプリの設計・開発に携わる様々な方と対談をしています。

#166 株式会社デスクトップワークス 田口 真行さん

Photo of Yasuhisa

長谷川恭久はコンテンツと利用者体験のデザインをしています

Webサイトやアプリの設計や運用のサポートに携わるデザイナー / コンサルタント。日本各地でデザインに関する様々なトピックを扱った講演やワークショップを行っている。
著書に『Experience Points』『Web Designer 2.0』など。

メール