なぜ自信をもってデザインを説明するべきなのか

信頼とは、対話と成果物によって少しずつ積み上げていくものだと思います。対話を止めないこと。相手をねじ伏せるのではなく、相手の見解を知ることから信頼のための対話がスタートすると思います。

Recent Stories
マーケティング

デザイナーが見たオウンドメディアの課題と接点

読者のことを徹底的に考えて、彼らが消化しやすい形状にコンテンツを磨けあげていく。この考え方はオウンドメディアもデザインも大きな違いはありません。しかし、人と人、メディアと人のコミュニケーションをどのように設計したら良いかという課題はより複雑化してきています。

Mediumでコンテンツ配信して気づいたこと

Mediumの利用を通じて改めて感じたのが、自サイトでコンテンツを作って待つだけではどうしようもないという点。誘導だけではなく、プラットフォーム上にコンテンツを掲載しなければ見てもらえないという状態になりつつあります。

肥大化するコンテンツ市場で生き残るための対処法

コンテンツ市場は今後さらに肥大していきますが、消費者の数や消費時間が劇的に増えるわけはありません。人へ届くコンテンツを作るコストが上がる中、できることが4つあります。

Popular Stories
仕事

チーム内コミュニケーション設計に使える視覚化あれこれ

コミュニケーションの設計は、製品を使う人たちに向けてだけでなく、社内の人たち、クライアントに対してもあります。視覚化という『手間』をかけることで、進行が後戻りを防いだり、デザインを進めていくための決め手になることがあります。

話せるというソフトスキルについて情報発信している理由

作ることより話せるほうが重要であるという意味ではありません。デザイナーの仕事として本来同等であるべきところが、いつの間にかバランスを失っていると感じています。

手段を切り離したら楽になったデザイナーの仕事のお話

どのような環境にいても、与えられた仕事の領域から少し抜け出して対話を始めることが必要とされています。作業の範囲を広げるために勉強するのではなく、誰かと話ができるようになるために覚えるものを選ぶことで、本来あるべきデザイナーの姿に少し近づくと思います。

Podcast

Automagic Podcast は、隔週火曜日に更新中。Web やアプリの設計・開発に携わる様々な方と対談をしています。

#171 株式会社ビジネス・アーキテクツ 伊原力也さん

Photo of Yasuhisa

長谷川恭久はコンテンツと利用者体験のデザインをしています

Webサイトやアプリの設計や運用のサポートに携わるデザイナー / コンサルタント。日本各地でデザインに関する様々なトピックを扱った講演やワークショップを行っている。
著書に『Experience Points』『Web Designer 2.0』など。

メール