根拠や成果を超えたデザインに思いを馳せる

根拠のある、成果が出る(かもしれない)デザインを作ることが日々の仕事にあるのは当然です。ただ、そのなかで「なぜ」について立ち返ったり、それを形にするとしたらこうなるかもしれないという夢も語れる心と身体の余裕はもっておきたいなと思っています。

Recent Stories
マーケティング

デザイナーが見たオウンドメディアの課題と接点

読者のことを徹底的に考えて、彼らが消化しやすい形状にコンテンツを磨けあげていく。この考え方はオウンドメディアもデザインも大きな違いはありません。しかし、人と人、メディアと人のコミュニケーションをどのように設計したら良いかという課題はより複雑化してきています。

Mediumでコンテンツ配信して気づいたこと

Mediumの利用を通じて改めて感じたのが、自サイトでコンテンツを作って待つだけではどうしようもないという点。誘導だけではなく、プラットフォーム上にコンテンツを掲載しなければ見てもらえないという状態になりつつあります。

肥大化するコンテンツ市場で生き残るための対処法

コンテンツ市場は今後さらに肥大していきますが、消費者の数や消費時間が劇的に増えるわけはありません。人へ届くコンテンツを作るコストが上がる中、できることが4つあります。

Popular Stories
仕事

根拠や成果を超えたデザインに思いを馳せる

根拠のある、成果が出る(かもしれない)デザインを作ることが日々の仕事にあるのは当然です。ただ、そのなかで「なぜ」について立ち返ったり、それを形にするとしたらこうなるかもしれないという夢も語れる心と身体の余裕はもっておきたいなと思っています。

なぜ多彩なデザインツールが出てきているのか

様々なデザインツールが登場しているのと、デザイナーの仕事の仕方が変わり始めているのは、偶然の一致ではないと思います。今のデザインツールが何を解決しようとしているのかに注目することで、今後のデザイナーの姿がボンヤリ見えてきます。

チーム内コミュニケーション設計に使える視覚化あれこれ

コミュニケーションの設計は、製品を使う人たちに向けてだけでなく、社内の人たち、クライアントに対してもあります。視覚化という『手間』をかけることで、進行が後戻りを防いだり、デザインを進めていくための決め手になることがあります。

Podcast

Automagic Podcast は、隔週火曜日に更新中。Web やアプリの設計・開発に携わる様々な方と対談をしています。

#174 H2O Space たにぐちまことさん

Photo of Yasuhisa

長谷川恭久はコンテンツと利用者体験のデザインをしています

Webサイトやアプリの設計や運用のサポートに携わるデザイナー / コンサルタント。日本各地でデザインに関する様々なトピックを扱った講演やワークショップを行っている。
著書に『Experience Points』『Web Designer 2.0』など。

メール