今からできるWebコンテンツの次のコト

コンテンツに関わる課題はたくさんありますが、Web 技術がコンテンツを補助したり、価値を増幅するために役立つことがあります。過去の固定概念を壊して新しいことを模索するための土壌が固まってきたと思います。

文脈によって変わるWebコンテンツ

10月25日、仙台で The NEXT WEB CONTENT 2015 が開催されました。主催である株式会社インフォアクシア設立11周年記念として、Web アクセシビリティを中心に、デザイン、ユーザビリティ、SEO など、Web に関わる様々な話題を扱ったイベントになりました。トピックは広く浅いわけですが、異業種の専門家が集まることで、新たな視点の発見や共通点を見つけることができました。

本イベントの様子は Togetter #tnwc2015 をご覧ください。

Web利用は『終わった』のではなく『変わった』

ここ1年「Web は終わった」というニュアンスが含まれた話題を国内外で耳にします。Mashable が「Web Design is Dead(Web デザインは死んだ)」という記事を公開して話題になりましたし、アプリの利用時間の急増から「The Web Is Dying; Apps Are Killing It(Webは死にかけている; アプリが殺している)」 のような記事も公開されました。

それを裏付けるようなデータも幾つかあります。今年の夏、米 Yahoo! が公開したスマートフォンの利用時間のデータを見ても、Web ブラウザの利用は著しく減少していますし、日本でも似たような傾向を示しています。また、利用パフォーマンスを著しく悪くする広告が多数存在することから、Web サイトの利用が徐々に遠い存在になりつつあります。すぐに見れない Web サイトより、軽快なアプリを選ぶ消費者は増えています。

米国のスマートフォンの利用時間を示したグラフ

しかし、利用時間だけで Web ブラウザの利用が減ってきていると判断するのは軽率です。今月 Google は、モバイル端末からの検索数がデスクトップを超えたと発表しました。また、今は Web サイトへアクセスする方法は Web ブラウザだけでなく、ソーシャルメディアやメッセージをはじめとしたアプリもあります。

情報アクセスの入口が多彩になりましたが、目的地としての Web サイト、又は Web にある情報は今でも必要とされています。ただし、それがデスクトップ中心の時代から培われた Web サイトの構造が今でも最適なアプローチなのかという疑問が残ります。滞在時間が少なく、複数の画面を回遊するという行動をしなくなったユーザーと、トップページから順に見せようとする従来のサイト設計との間には、大きなギャップがあると思います。

1画面しか見ない利用者と、回遊を必要とするWebサイト

テクノロジーで変わるデザインアプローチ

利用者の行動と回遊を必要とする Web サイトのギャップを埋めるために、今年の初めに提唱したコンテンツをスマートにするという考え方が有効だと思います。今後、利用者の文脈に合わせてきめ細かなコンテンツ配信が必要になります。そのためには CMS でのコンテンツ管理もページという大きな単位ではなく、小さくコンテンツを切り分けて管理して、組み合わせが自由な仕組み作りが必要です。

しかし、スマートにするための方法は CMS だけではありません。ここ 1, 2 年で広く使えるようになった Web 技術を使うだけでコンテンツをスマートに変えることができます。例えば、特定の場所からアクセスした場合、特別なコンテンツを出したり、コンテンツの優先順位を変えることが可能になりました。

アプリより Web サイトが遅れているなと感じるところのひとつに、Web サイトは未だに静的な部分が多いところがあります。レイアウトやデザインが少々違うことはありますが、訪問した人はすべて同じ Web サイトを見ているわけです。本当であれば、アクセスした人の文脈(例えば時間や場所)に応じてカスタマイズされるべきですが、まるで紙媒体のように同じものが表示されているわけです。

文脈に基づいたコンテンツのカスタマイズ

この問題をシステムを導入する(例えば会員制にする)ことで解決できますが、Web で使われている標準技術を用いるだけでも、ある程度文脈を考慮して利用者に最適なコンテンツを提供することができます。例えば以下のようなことは大掛かりなシステムを導入せずとも実現可能です。

  • アクセスした場所によって異なるコンテンツを見せる
  • 特定の日時だけ、別のコンテンツを見せる
  • コンテンツの表示順を変える
  • 訪問回数によって異なるコンテンツを見せる
  • デバイスの状態・設定で見た目を変える
  • 簡単な設定を(会員登録なしで)一時保管する
  • オフラインでも観覧できるようにする

これらは将来的にできることではなく今からすぐ実践できることばかりです。スマートフォンには様々なセンサーが付いているので、利用者情報を基に最適なコンテンツを見せることが容易になりましたし、使える技術はますます増えています

今回は本イベントページのコンテンツを Web 技術だけ使ってスマートにするデモを行いました。例えば、イベント当日には参加者向けにコンテンツの順序を変えたり、会場までの行き方が分からない人向けに駅からの行き方を画面上に表示させました。GitHub レポジトリとして公開してあるので参考にしてください。

GitHub

デザインの模索が足りていない

今回のデモはベストソリューションではないと思います。システム導入も必要としませんし、運用の負荷も軽いというメリットはありますが、機能によってはブラウザサポートが乏しかったりコードの維持・更新が難しいといったデメリットもあります。私の経験則からコンテンツの優先順位を決めているので、そもそも間違っている可能性もあります。

デザインは問題解決であると言われていますが、これは一発で正しい答えを提示することではありません。「正しいこと」「間違わないこと」ばかり気にしてデザインしていると、成功事例に基づいた汎用性の高い手法を模擬するだけになり、そのプロジェクトにおける問題解決にならない可能性があります。

私たちに必要なのは「正しい」「間違い」と判断する前に、模索を繰り返すこと。仮説を基にアイデアを出し、それを形にして試してみることです。今回、技術的なデモを盛り込んだのも、間違いかもしれないけど、見て分かるモノを作って学習しようというメッセージがありました。「ここまでできる」というのを見ると、新しいアイデアが続くことがあるはずです。

まとめ

デザインは見た目を良くするだけではなく、問題解決であるといった言葉は昔からよく聞きます。しかし、それが目に見える形で理解できる場面が少ないと思います。見た目を一切変えずに、具体的にどのような問題解決を形にできるのかを示すことは、見た目だけではないデザインとは何かを知ってもらうには必要です。今回のデモは、それがある程度できたと信じています。

コンテンツに関わる課題はたくさんありますが、Web 技術がコンテンツを補助したり、価値を増幅するために役立つことがあります。ここ数年の変化によって、過去の固定概念を壊して新しいことを模索するための土壌が固まってきたと思います。

プレゼンテーションスライドの表紙

筆者について

Experience Points

電子書籍「エクスペリエンス ポイント」発売中

の初の電子書籍。過去 4 年間にわたり Web と体験について扱ったコラム・エッセーを 34 集めました。概念だけでなく、啓蒙するためのヒントなど、明日から考えを行動にうつすためのヒントが掲載されています。
500円で .epub 又は Kindle 形式で購入できます。

閉じる 共有する

記事はお楽しみいただけましたか?役に立つ情報でしたか?ぜひ他の場所で共有してみてください。