UI

次を再生するかどうかはユーザーに委ねた方が良いと考えられていましたが、ストーリー UI はそれを覆すものです。今まではそうだったからという考えに囚われず、改めてユーザーを観察した上での『透明化・自動化』を考えていきたいです。