UX

デザイナーであったとしても、数字と向き合う必要があります。デザインやユーザー体験をすべて数字にして評価することはできませんが、ビジネスサイドと価値共有するために必要にして十分な数値化が求められています。