UX

ポジティブでもネガティブでも、感情に響く物語が体験として残ることが多いです。そして、それは Web サイトを使う、アプリを使うといった製品の中に留まらないこともありますし、むしろそこは含まれていない場合もあります。