UI

人と人だけでなく、人とサービスとの関わりが会話という形状をもつようになった現在。会話は何によって会話として成り立つのかといった本質を理解することで、人工知能(AI)に必要なもの、会話化する UI デザインを考えるためにヒントになります。