考え方

同じような人たちが集まってデザインしていると、たとえ「ユーザーのため」と口にしていたとしても忘れがちな視点があります。