マーケティング

読者のことを徹底的に考えて、彼らが消化しやすい形状にコンテンツを磨けあげていく。この考え方はオウンドメディアもデザインも大きな違いはありません。しかし、人と人、メディアと人のコミュニケーションをどのように設計したら良いかという課題はより複雑化してきています。