デザイン

ある特定の状態の見た目だけ作るのであれば、表現力が高いデザインツールが適していますが、意思疎通をしながら作り上げることが重要であるならば、連携力が高いツールを選んだほうが良い場合があります。