デザイン

同社製品の連携が強いエコシステムを選ぶか。様々なサービスやツールと組み合わせができるプラットフォームを選ぶか。仕事環境で活かせるもの、コンセプトが合うものを選ぶべきなので、機能比較をして良し悪しを判断するものではないと思います。