アクセシビリティ

アクセシビリティをより早い段階から取り組むには、ビジネスと正面から向き合う必要があります。内製・受託それぞれにあるアクセシビリティ運用の課題を解決しなければ、後付けのチェックという位置づけから抜け出すことは難しいかもしれません。