アイデア

ツールやワークフローも大事ですが、言葉という根本的なところが合っていないせいで複雑な進行になっている場合があります。部品から作ることを推奨する前に、部品が作りやすい構造設計と、言葉合わせが先です。