情報アーキテクチャの脊髄を視覚化

右脳的な情報と左脳的な情報が相互に関わることによって生み出される情報アーキテクチャ。World IA Day 2013 で感じたことをインフォグラフィックにしてみました。

2月9日に東京で開催された World IA Day 2013 に参加してきました。前回の記事 で書いた今後の IA の課題のヒントになるようなメッセージを、イベントを通して幾つか見つけることができました。

今回は吸収した内容を自分なりにインフォグラフィックにしてみました。

Spinal Cord of Information Architecture

イベントを通して『情報』にはデータベースに蓄積できるようなものと、掴み所がないものと二種類あると考えました。言い換えれば右脳的な情報と左脳的な情報があるといったところでしょうか。まったく違う存在のようにみえる二種類ではありますが、4つの段階を踏んでアーキテクチャ(構造)を作り出しているようにみえました。

  1. Deconstruct (分解)
  2. Sort(分類)
  3. Compose(構成)
  4. Adjust(調整)

つまり、感情やニュアンスといった掴み所のない情報だったとしても、ビッグデータを活用した情報の解析だったとしても、進むべき道筋は大変似ているというところがありました。また、機械的に集めるデータだったとしても、人間的な非合理性・不確定性を加味するといった具合に、双方の特性を組み合わせてアーキテクチャの構築を行っている点も興味深かったです。分断しているかのようで実はそうではない・・・相互補完関係にあることに気付かされました。

相互関係として情報が繋がったとき、どのようなアーキテクチャが必要とされるのでしょうか。そのアーキテクチャはどのように生み出されるのでしょう。そして人々はどのように触れることになるのでしょうか。今回のイベントを通してイマジネーションが広がったので、今後の活動に活かそうと思います。

今回のイベントのスピーカーの人選は、楽天の UXデザイナーとして活躍している坂田さん。個人的にはかなり絶妙な人選で 1 日楽しませてもらいました。ちなみに彼は、ポッドキャストの第43回にゲスト出演しているので、興味がある方はぜひ聴いてみてください。

筆者について

Experience Points

電子書籍「エクスペリエンス ポイント」発売中

の初の電子書籍。過去 4 年間にわたり Web と体験について扱ったコラム・エッセーを 34 集めました。概念だけでなく、啓蒙するためのヒントなど、明日から考えを行動にうつすためのヒントが掲載されています。
500円で .epub 又は Kindle 形式で購入できます。

閉じる 共有する

記事はお楽しみいただけましたか?役に立つ情報でしたか?ぜひ他の場所で共有してみてください。