Adobeとコラボレーションを始めました

Adobe Creative Station でのミッションは「デザイナーの働き方を変える」こと。コンテンツ配信を通して、変えるための原動力であったり、インスピレーションを提供できればと思います。

今月から Adobe Creative Station 編集部とのコラボレーション企画を進めています。Adobe Creative Station は、Adobe が公式で運用しているメディアで、製品の最新情報や使い方を紹介しています。そこでの寄稿、Creative Cloud 道場のゲスト出演、ソーシャルメディアでのコンテンツ配信をやっていきます。週に 2 回以上は Adobe Creative Station 向けのコンテンツをどこかで見ることができるはずです。

今風Adobeツールとの付き合い方は?

長く Adobe 製品を利用していますが、Adobe のビジネスモデルに疑問を投げかけたり、使えないところはハッキリ言うこともあります。こうした言動に対して「アンチ Adobe ですね」と言われたこともありますが、足りていないところを口にしない(目をつぶる)のがファンなのかという疑問もあります。

Adobe 一強時代が長く続いたことから、デザインするなら Adobe ツール以外考えられないという人も少なくないと思いますが、今は選択肢がたくさんあります。一長一短なところはありますが、場合によっては Adobe 製品を使い続けるより、作業効率の向上や、エンジニアとの協働がしやすくなるだけでなく、表現も広がる場合もあります。Adobe しか使わない、それしか知らないという狭い視野が、デザイナーとしての価値を下げてしまう場合もあるわけです。

だからといって、目もくれず Adobe 製品以外を使いましょうというほど単純な話ではありません。仕事環境や社内外の人たちとの関係でツールが決まる場合もあります。また、クリエイティブツール間の連携や Adobe Experience Manager のようなビジネスサイドの連携まで考慮すると Adobe 一択になると思います。

しかし、今大きく変わり始めている web ・アプリデザインツールの市況を見ないまま、使い慣れているという理由だけで Adobe ツールを使い続けるのは疑問です。また、流行っているからという理由だけで別ツールに飛びつくのも周りに迷惑がかかるだけです。今、デザインツールがどうなっているか、デザイナーの役割がどう変わっているのかを把握した上で、最適な選択をしていただきたいですし、その中に Adobe 製品は候補に含まれているはずです。

以前「XD vs Sketch みたいな比較は意味がない理由」という記事を書いたことがありますが、同じデザインツールでも達成したい目的が異なります。現場でボトルネックになっている課題は何か、チームの一員として働くデザイナーとしてどのような価値が提供できるかという問いに対する答えは人それぞれです。そのとき、せめて選択肢をもっておきたいですし、ツールのもつ強みと可能性を理解した上で使いたいところ。

Adobe Creative Station で他ツールの紹介はしませんが、 web ・アプリデザインツールの市況をみた上で、Adobe ツールの強みであったり、使いどころを紹介できればと思います。

週刊 UX のようなライトなコンテンツも配信しています。

ツールとより良く付き合うための思考転換

Adobe という企業の性質上ツールの話に寄りがちですが、Adobe Creative Station でのミッションは「デザイナーの働き方を変える」こと。Adobe XD のようなツールを活かすには、今までの延長線では難しいです。また、UXデザインの実践にしても同様の課題があります。コンテンツ配信を通して、変えるための原動力であったり、インスピレーションを提供できればと思います。

Adobe Creative Station で掲載されたインタビューでも話していますが、私たちデザイナーは「作る」スキルだけでなく「伝える」スキルも同じように高めなければいけません。相手がデザインを分かっていないのではなく、デザインの伝え方を間違えているのだと捉えるべきで、それがデザインプロセスだけでなくデザインへの価値がいつまでも向上しないひとつの要因だと思っています。作るためのノウハウより、伝えるための課題や実践のためのヒントを重点に置いたコンテンツ配信になりそうです。

この辺の話題は、ブログやポッドキャストで数年前から続けているので、レギュラーな方にとって目新しさはないと思います。しかし、Adobe Creative Station というメディアを通して今までリーチできなかった人に届けることができるのはすごく大きなことだと思っています。昨年 11 月に CC道場にゲスト出演したときに今まで接点がなかったデザイナーたちの声に触れることができたのが良い刺激になりました。今回のコラボレーションでも配信を通して接点を増やすことができればと思います。

これから数ヶ月のあいだ Adobe Creative Station のコンテンツ配信お楽しみに。ちなみに、このブログやソーシャルメディアではいつも通りのスタンスで配信していくのでご安心を🙂

筆者について

Photo of Yasuhisa Hasegawa

組織の一員となるスタイルで一緒にデザインに関わる課題を解決するといった仕事をするなど、チームでデザインに取り組むためのお手伝いをしています。各地でデザインに関わる様々なトピックで講師をしています。

閉じる 共有する

記事はお楽しみいただけましたか?役に立つ情報でしたか?ぜひ他の場所で共有してみてください。